知花敏彦公式ホームページ 宇宙科学の法則

ヒマラヤシャンバラ本部での体験Ⅰ

ヒマラヤシャンバラ本部での体験Ⅰ

シャンバラの世界への旅立ちと悟りの体験

ヒマラヤ シャンバラ本部での体験 Ⅰ

超意識の世界が人類を指導しています。

私たちが瞑想会を行うときや、
知花先生の講演会場には、
意識体である超意識の世界の方々が、
臨在され、字宙エネルギーの供給と、
見えない世界からの指導をされているのです。

シャンバラと人類が呼んでいる超意識の世界があり、
世界に7カ所そのシャンバラの世界への入口があります。

その場所は本部がヒマラヤで、
他に、
沖縄、
米国のボストンの郊外、
ロンドン郊外のストーンヘンジ、
エジプトのギザのピラミッド、
ボリビアのサマイパタ等々です。

シャンバラとは、
見えない空の意識の世界、
永遠の世界のことを意味します。

世間に出ている文献にあるように、
シャンバラという地下都市があるということではないのです。

知花師は、ヒマラヤの本部で3ヶ月間、
ピラミッドで2週間の生活体験を積まれ、
人間として誕生することにより、
忘れていたすでに持っている記憶を思い出し、
確認するための体験学習を積まれたのです。

その際には超意識の世界の人たちの指導を受け、
その結果、本来の自分に戻り、
自分自身の本質を再確認し、
全智全能の宇宙と完全につながり、
宇宙意識そのものに到達されたのです。

ここでは、知花師白らが語るその体験談を紹介します。

本文中「私」とあるのは知花敏彦師のことを指します。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私は南米から日本に帰ると間もなくインドヘ旅立ちました。

それは超意識の世界から呼ばれたためだといってもよいでしょう。

ホテルにいると、私に笑いかけてくる人物がおり、
「貴方を待っていました。明日迎えに来るから旅の準備をしておいてください。」
といってその人物は帰りました。

翌朝その人は汽車の駅まで案内し、
この汽車でどこの駅で降りなさいといって、
その駅頭で私と別れました。

何日かかかり指定された駅で降りると、その人が出迎えていました。

案内人が一人とロバ三頭と荷物が待っており、
この案内人とともにある場所に行きなさいとその人はいい、
またそこでその人物と別れました。

途中、豹が現れても、
見ないで無視すると襲われませんよといわれたのです。

その言葉通り、途中岩の上に豹が現れ、
私は見るなと警告されていたのですが、
つい横目で見てしまいましたが、無事でした。

途中はヒマラヤの山岳地帯で、
断崖絶壁の連続で、
ロバが一頭崖から足をすべらせて、谷底へ転落してしまいました。

数週間かかってようやくついた場所は、
標高4,000メートル以上あり、
万年雪が一メートルぐらい積もった山の中で、人跡未踏の地です。

そこにあの人物が迎えに来ていたのです。

その人物は、私のヒマラヤ体験の時の先生で、
H大師という方で、
年齢は700歳を超えた人ですが、
肉体年齢は私と同じくらいにしか見えません。

この場所はヒマラヤのシャンバラ本部だったのです。

powered by Quick Homepage Maker 5.1
based on PukiWiki 1.4.7 License is GPL. QHM

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional